ステップスに関する特約

ステップスに関する特約

ステップスに関する特約(以下、「本特約」といいます。)は、ジャパンポートコンテンツ株式会社(以下「当社」といいます)が、運営する「Future Access」サイトおよび「Future Access」サイトを通じて提供されるサービス(以下、「本サービス」といいます。)について、Future Access利用規約に基づき本サービスに会員登録をした会員(以下「会員」といいます)に対して、ステップスサービスを提供するにあたり、その諸条件を定めるものです。本特約は、Future Access利用規約(以下、「利用規約」といいます。)、Future Accessモール利用規約の一部です。ステップスに関して本特約に定めのない事項については、利用規約が適用されます。

第1条 ステップスとは(ステップスの概要)

  1. 「ステップス」とは、当社が会員に対して本サービスの利用に関連して付与する、本サービスでの決済および換金に利用可能なポイントをいいます。ステップスには2種類があります。
    1. 登録ステップス会員全員に付与するステップス
    2. 購入ステップス購入者が指定した会員に付与するステップス

第2条 ステップスの付与

  1. 当社は、ステップス付与の対象となるサイト売上または取引(以下「対象取引」といいます)に関して、以下のルールに従って本サービス会員にステップスを付与します。
    1. 登録ステップス

      本サービスのモールの対象取引の一日の総売上の5.0%を当該日の有効会員数で割った額を、翌々月初日に会員に均等に付与します。なお、小数点以下は切り捨てます。

    2. 購入ステップス

      当モールでの対象取引の商品購入者(会員・非会員を問わない)が、ステップス付与先として指定した会員(以下、「付与先会員」といいます。)に対して、購入代金の1.0%を付与します。なお、小数点以下は切り上げます。

  2. 対象取引、ステップスの付与率、その他ステップス付与の条件は、当社が決定し、当社が本サービス内に予め定めるページにおいて会員に告知します。ステップス付与の対象となるか否か、ステップスの付与率、および有効期限は、取引の種類によって異なることがあります。
  3. ステップスは、対象取引が行われてから、当社が定める一定の期間を経た後に付与されます。この期間内に、当社が対象取引につき取り消し・返品などがあったことを確認した場合、対象取引ステップスは付与されず、また対象取引に価格の変更があった場合は、変更後の購入額に応じて付与されます。
  4. ある取引についてステップスを付与するか否か、付与するステップス数、その他ステップス付与に関する最終的な判断は、当社が行うものとし、会員はこれに従うものとします。

第3条 ステップスの管理

  1. 当社は、当社所定の方法により、会員が取得したステップス数、使用したステップス数、およびステップス数の残高およびステップスの有効期限を会員に告知します。
  2. 第1項のステップス数に関する最終的な決定は当社が行うものとし、会員はこれに従うものとします。

第4条 ステップスの有効期限

ステップスの有効期限は、会員がそのステップスを取得した日から1年間とします。1年を経過したステップスは順次自動的に失効します。

第5条 ステップスの取り消し・消滅

  1. 当社がステップスを付与した後に、対象取引について返品、キャンセルその他当社がステップスの付与を取り消すことが適当と判断する事由があった場合、当社は、対象取引により付与されたステップスを取り消すことができます。
  2. 当社は、会員が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、会員に事前に通知することなく、会員が保有するステップスの一部または全部を無効または取り消すことができます。
    1. 違法または不正行為があった場合
    2. 本特約、利用規約、モール規約、その他当社が定める規約・ルール等に違反があった場合
    3. その他当社が会員に付与されたステップスを取り消すことが適当と判断した場合
  3. 会員は、取り消しまたは消滅したステップスの補償を求める権利はないものとし、当社は取り消しまたは消滅したステップスを補償する義務を負わないものとします。

第6条 決済におけるステップスの利用

  1. 会員は、当社が定める方法により、保有するステップスを、当社が定める換算率で、モールにおける決済代金(商品代金、送料、手数料または消費税を含みます。以下同じ)の全部または一部の支払いに利用することができます。
  2. 当社は、第1項のステップス利用の対象となるサービス・商品等を制限したり、ステップス利用に条件を付したりすることがあります。
  3. 会員が第1項による決済を取り消した場合、原則として当該決済に利用されたステップスが返還され、現金による返還は行われません。ただし、当社の事務上の事情などによりステップスでの返還ができない場合には、ステップス利用額相当の現金が返還されることがあります。この場合、返金に必要な手数料を会員に負担していただくことがあります。
  4. 会員が決済代金全額の支払いにステップスを利用し、その後決済代金が何らかの事情で減額された場合には、前項に準じてステップスまたは現金の返還が行われます。会員が決済代金の一部の支払いについてステップスを利用し、その後決済代金が何らかの事情で減額された場合には、まず他の支払方法による代金返還が行われ、それでも返還を必要とする金額に不足がある場合に、当該不足額について、前項に準じてステップスまたは現金の返還が行われます。
  5. 会員が決済代金の支払いにステップスを利用した後、何らかの事情により決済代金が増額された場合は、会員は増額分を他の支払方法にて支払うものとします。ただし、会員が決済代金全額の支払いにステップスを利用していた場合で、保有する全てのステップスを支払いに利用することを選択していた場合は、増額分の支払いにつき当該会員が保有するステップスを優先的に利用するものとし、ステップスの残額が増額分に不足する場合は、その不足分を他の支払方法にて支払うものとします。

第7条 ステップスの換金

  1. 会員は、当社が定める条件を満たした場合、当社が定める方法により、保有ステップスを、当社が定める換算率で換金することができます。
  2. 前項の場合、当社は振込にかかる手数料を差し引いて会員が指定する会員本人名義の金融機関口座に送金します。
  3. 会員は、振込指定とされた金融機関口座が本人名義の口座であるかを確認するための情報を申告しなければなりません。
  4. 会員のステップス残高は、会員が換金の申請を出した時点で換金されるステップス数が差し引かれるものとします。なお、差し引かれたステップスは、当社の責任による場合を除き、当社は一切責任を負わず、ステップス残高の組戻しも行いません。
  5. 換金後のステップスは、会員の都合でステップス残高に組戻すことはできません。
  6. ステップス換金にあたっては、換金請求が正当であることを確認するため、当社所定の方法で会員の本人確認をさせて頂くことがあります。
  7. 当社は、Future Access利用規約第10条(禁止事項)第4項第4号に該当すると認定した場合は、当該条項の定めに基づき、禁止行為に対して措置を行うとともに、当該会員へのステップス換金を行わない場合があります。

第8条 事故等

第6条の決済対象となった商品の配送中または提供後に遅延、紛失、盗難、損害、破損等の事故が生じた場合は、当該事故が当社の責任による場合を除き、当社は一切責任を負わず、ステップスの払い戻しも行いません。

第9条 第三者による使用

  1. ステップスの使用および換金は、会員本人が行うものとし、当該会員以外の第三者が行うことはできません。
  2. 当社は、ステップス使用時に入力されたメールアドレスおよびパスワードが登録されたものと一致することを当社が所定の方法により確認した場合には、会員による使用とみなします。それが第三者による不正使用であった場合でも、当社は使用または換金されたステップスを返還しませんし、会員に生じた損害について一切責任を負いません。
  3. 会員は、ステップス受理権利およびステップス残高を、第三者に対し譲渡、移転、担保設定その他処分をすることはできません。

第10条 税金および費用

ステップスの取得、利用および換金にともない、税金や付帯費用が発生する場合には、会員がこれらを負担するものとします。

第11条 会員資格の停止

会員資格の停止中はステップス残高を使用する権利も停止されます。会員資格の停止が解除された場合はステップス残高を使用する権利も回復しますが、停止期間中に失効したステップスは補償されません。

第12条 免責

当社は、本サービスの運用にその時点での技術水準を前提に最善を尽くしますが、障害が生じないことを保証するものではありません。通信回線やコンピュータなどの障害によるシステムの中断・遅滞・中止・データの消失、ポイント利用に関する障害、データへの不正アクセスにより生じた損害、その他本サービスに関して会員に生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとします。

第13条 サービスの変更

  1. 当社は、会員に事前に通知することなく、本特約、本サービスの内容または本サービス提供の条件の変更(ステップスの廃止、ステップス付与の停止、対象モールまたは取引の変更、ステップス付与率または利用率の変更を含みますが、これらに限られません)を行うことがあり、本サービスを終了または停止することがあります。会員はこれをあらかじめ承諾するものとします。
  2. 当社は、前項の変更により会員に不利益または損害が生じた場合でも、これらについて一切責任を負わないものとします。

第14条 本特約の変更

当社は、会員または利用者に事前の通知することなく、またその事前の承諾を得ることなく、いつでも本規約を修正、変更できるものとします。本規約を変更した場合には、会員または利用者に当該変更内容を通知するものとします。当該変更内容の通知後、会員または利用者が本サービスを利用した場合又は当社の定める期間内に登録抹消の手続きをとらなかった場合には、会員または利用者は、本規約の変更に同意したものとみなします。

第15条 準拠法および管轄裁判所

  1. 本特約の準拠法は日本法とします。
  2. 本特約に起因し、または関連する一切の紛争については、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとします。

  • 制定 2016年12月01日