生きる事は、心の在るべき姿を知ること。
その繋がりを知ること。

「言葉」と「心根」

「言葉」はなかなかに厄介で、人の心を隠し、自分を偽る事ができます。
でも本当は自分の「心を知っている言葉」がそこにはいます。

「葉」は春の柔らかな風の中で小さな新芽を吹き、
夏には自を守る為に逞しく成長し、
太陽の強い日差しを和らげ、雨をしのぎます。
秋には役目を終えた葉はやがて枯れ落ち、
自らが土に還って冬を越す為の力となります。

「言」は「葉」、
「心」は「根」、
自分の生んだ言葉が、自分の周りの土に還り、
自分の心を養っている事に私達は気づかなければいけないのでしょう。

偽りの葉では、やがて土も枯れ、根も腐ってしまいます。
素直に、正直な言葉はきっと逞しく、自分の心を守り、
風が吹けば木々とざわめき、
太い幹となって空に向かって一生懸命成長していけるのでしょう。


あなたは既にこの投稿にいいね!しています。
会員登録すると、フォローや支援ができます!
詳しくはこちらをクリック
※投稿へのいいね!は、ログイン不要で誰でも行えます。
会員登録すると、フォローや支援ができます!
詳しくはこちらをクリック

Future Accessに登録してCoachを応援しよう!

COMMENT (0)

Coachさんの新着記事

お気に入り記事 お気に入り記事