生きる事は、心の在るべき姿を知ること。
その繋がりを知ること。

「レセプター」

コミュニケーションにおいて大切なことは、受け入れられるかどうか。
これは相手がいる以上、もちろんお互いにその立場であることを
先ずは理解しなければいけないと思います。

相手の受け入れるという姿勢がなければ、いくら良い話であったとしても
それは伝わりませんし、逆に相手が受け入れる姿勢であれば、
伝えたかったこと以上のものが伝わることもあります。

「相手を受け入れやすい状態」にしてあげること、
その為の言葉や行為が、相手の受け入れる空間を広げることに繋がります。
そして本当に伝えたいものに気づける環境を提供することになるのだと思います。

「話す」事も、「聞く」事も、
「受け入れる」という意識をすることで、
お互いに必要な距離感を意識して、お互いにとって最善の道が見つけられる
「レセプター」となってくれるのかも知れません。

言葉で言えば、あーなるほどと理解できても、
それを本当にやり続けることの難しさはそれを意識し続けない限り理解できないと思いますし、
そしてそれを完全に理解したと言えるほど、人とは単純なものではないと思います。

だからこそ、完璧でありたいという自分の思い込みや慢心を無くし、
不完全である私を知り、常に前に進んでいきたいと心から思えるのでしょう。

あなたは既にこの投稿にいいね!しています。
会員登録すると、フォローや支援ができます!
詳しくはこちらをクリック
※投稿へのいいね!は、ログイン不要で誰でも行えます。
会員登録すると、フォローや支援ができます!
詳しくはこちらをクリック

Future Accessに登録してCoachを応援しよう!

COMMENT (0)

Coachさんの新着記事

お気に入り記事 お気に入り記事