Aokiモーターステーション|FMグンマ86.3|毎週月曜15:30~|11月1日レーシングスクール@もてぎ|11月15日レーシングスクールビギナー@もてぎ|伊勢崎オートキッズバイク教室2018年|11月11日|受付:10:30|定員30名程度

【Q&A】2スト500とMotoGPはどっちが過激?

非常にマニアックな質問をツイッターで
頂きましたのでご紹介しますっ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
MOTOGPマシンと2スト500のGPマシンは
どんな乗り味なんでしょうか?? 一生乗れる機会がないので是非とも教えてほしいです。。 やはりバケモノなんですか? パワーバンドで即ウイリーな感じですか?
@satosan sinshunshansonsho~さんより
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まずGP500マシンのスペックですが
2ストローク500㏄・・・180馬力・重量120キロ
パワーバンド8000~12000回転
要:繊細なアクセルワーク・動的体力・マシン適合性

1997/WGP500/RHEOS.ELF.FCC TSR HONDA /NSR500/@IMOLA

アクセルを全閉からホンの少し開ける2~3%を
微妙に感じる必要あり(ハイサイド注意!)
そこから丁寧にていねいにテイネイに加速
パワーバンドに入った瞬間フロントが浮くので
アクセルコントロールしながら身体を前に。
フロントタイヤに覆いかぶさるようにしてウィリーを抑え
それでも浮いてくるならタンクにヘルメットを押し付ける!

1999/WGP500/Team Suzuki/RGV-Γ500/@Donington Park

時代を先取り(笑)ヒジすりライディング
マシンから身体をオフセットさせるのはホントに体力必要!

2002/MotoGP/ProtonKR/KR3/@MOTEGI

そして時代は4ストロークへ
990ccから始まったMotoGPは800㏄→1000㏄
変更を繰り返しながら今日の規則に至る。
燃費規制を受けながらもパワーは進化を続け
推測値270~300馬力・重量157キロ
パワーバンド7000~16000回転(800㏄→20000回転!!)
要:思い切ったアクセルワーク・静的体力・マシン分析力

2002/MotoGP/ProtonKR/KR5/@MOTEGI

4ストロークは低回転からのトルクで劇的に乗りやすい!
この頃からトラクションコントロールの進化著しく
それまでハイサイド防止システムの安全装置だったのが
タイヤを滑らせた方が速く走れる事にみんなが気付く

2007/MotoGP/RIZLA SUZUKI/GSV-R/@SEPANG

程よくタイヤが滑るホイルスピン状態を保つトラコンに変貌させ
太いブラックマークがあちこち残るようになる。
この(トラコン)ソフトを作成、検証するのが非常に難しく
タイヤ新品、グリップが落ちてきた時、かなり落ちてきた時・・・
遅角、点火カット、トルクコントロール・・・
複雑なシステムが必要となって「電気開発戦争」に。

トラコンがハイサイドも抑えてくれるからそれまでの
繊細なアクセルコントロールは必要なくなったが
今度はパカッと開けてリアタイヤをワザと滑らせないと
速く走れない・・・機械が抑えてくれるのは分かります・・・
が、マシンが60度近くバンクしてるときにパカッと開けて
タイヤ滑らせろ!なんてねぇぇぇ(汗)

2016年ソフトウェアの統一化ではトラコンが劣化
機械がハイサイドを防いでくれないのに
相変わらずパカッと開けないといけない現状・・・

乗りこなすのが大変なGP500
間口広いけど思い切って開けないといけないMotoGP

【結果】どちらもバケモノです!




あなたは既にこの投稿にいいね!しています。
会員登録すると、フォローや支援ができます!
詳しくはこちらをクリック
※投稿へのいいね!は、ログイン不要で誰でも行えます。
会員登録すると、フォローや支援ができます!
詳しくはこちらをクリック

Future Accessに登録してNobu Aoki/青木宣篤を応援しよう!

COMMENT (0)

Nobu Aoki/青木宣篤さんの新着記事

お気に入り記事 お気に入り記事