Aokiモーターステーション|FMグンマ86.3|毎週月曜15:30~|8月24日フェニックス走行会@ツクバ|9月6日刀水社走行会@ツクバ|9月9日スピード王決定戦@伊勢崎オート|9月17日タイムアタックステージ@DステーションRacers|9月22日バトラックスFun&Rideミーティング@富士|9月23日福島モトフェス@エビスサーキット|9月29日MerryMotoイベント@伊勢崎オート|伊勢崎オートキッズバイク教室2018年|10月7日|11月11日|受付:10:30|定員30名程度

動け!サスペンション!!

各地でライディングレッスンを行わせて頂いていますが
間瀬サーキットだけで設けている『手押しセッティング』

image:Sasaki

レースの世界では走ってみないと正解が出てこない
奥深いサスペンションセッティングですが
ストリート用(走行会メイン)のバイクでしたら
手で押してみればだいたいの症状は分かります。
経年劣化で部品的に動きが悪いのか?
それともダンパーを締めすぎているのか?
ブレーキを握ってフロントが適度に沈むのか?

(写真とは関係ないのですが)先日のレッスンでは
ちゃんとメンテナンスしてあるサスペンションなのに
動かないフロントサス・・・とりあえず緩める方向。
1回転・・ん?
2回転・・・ん??
3回転・・・・んんん??

ほぼMaxまで締まっていて(固くなって)
もともとは良く動くサスペンションなのに
クリック調整で残念な結果に。

これがO/Hから返ってきたきた状態というから
ライダーは「これがいいんだ!」って思うしかない。
レースをする前提のセッティングなら考えられるのですが・・・

サスセッティングに100点満点はありませんが
1つのゴールはライダーが楽しく走れるか否か!
そうすればタイムは勝手に上がってくるものです。

最新鋭MotoGPのフロントカーボンサスペンション

こんなのついてたらカッコイイね(笑)




あなたは既にこの投稿にいいね!しています。
会員登録すると、フォローや支援ができます!
詳しくはこちらをクリック
※投稿へのいいね!は、ログイン不要で誰でも行えます。
会員登録すると、フォローや支援ができます!
詳しくはこちらをクリック

Future Accessに登録してNobu Aoki/青木宣篤を応援しよう!

COMMENT (0)

Nobu Aoki/青木宣篤さんの新着記事

お気に入り記事 お気に入り記事