simple is best?

 皆さんは、何か物を買う時にどんな手段を用いて支払いをしているでしょうか?現金や商品券、クレジットカードや最近では電子マネーでの支払いも増えてきています。
 技術が進歩し、クレジッカードや電子マネーが現れてから、財布を持たずに買い物が出来るようになり、普段財布を持ち歩かない方をよく見かけるようになりました。

 今回は、支払いの「手段」として使われているクレジッカードである「mastercard」に関する豆知識をご紹介します。

mastercardのロゴデザイン
mastercardといえば、赤と黄色の丸が重なったロゴでお馴染みですが、実は近年、ロゴデザインが変わったのはご存知でしょうか?

今までのロゴは、「MasterCard」の字がロゴの中にあり、円と円の重なった部分が交差しているのが特徴でした。

新しいデザインは、表記が「mastercard」に変更になり、ロゴの下に移動しています。また、円の重なりがよりシンプルになりました。


近年のデジタル化の影響で、カード自体だけでなく、PCやスマートフォンなどのデジタル機器のディスプレイにも映えるように、よりシンプルに分かりやすいデザインに変化しました。
 mastercardのロゴには二つの赤と黄色の円が使われています。円には「無限性」、「完璧」を表し、世界中どこでも使える無限性と、信頼で成り立つクレジッカードであることを強く表現しています。赤と黄色はどちらも視覚に訴える力が強く、見る人の視覚に印象付けることが出来ます。

まとめ
 シンプルで馴染みやすいデザインは、企業の根本的なイメージを伝える点において非常に効果的ですが、マスターカードは全世界で名を馳せるブランドであり、皆が知っているからロゴも理解される点があるのも事実です。親しみやすいロゴや、見た人の興味を引く奇抜なロゴなど、身の回りの物を注意深く見てみると、新たな発見があるかも知れません。


あなたは既にこの投稿にいいね!しています。
会員登録すると、フォローや支援ができます!
詳しくはこちらをクリック
※投稿へのいいね!は、ログイン不要で誰でも行えます。
会員登録すると、フォローや支援ができます!
詳しくはこちらをクリック

Future Accessに登録してゆきを応援しよう!

COMMENT (0)