Aokiモーターステーション|FMグンマ86.3|毎週月曜15:30~|青木レッスン@間瀬サーキット|10月17日バトラックス走行会@スズカ|10月19-21日MotoGP解説@モテギ|10月26日フェニックス走行会@ツクバ|GSX-Rナイト@東京カルチャーカルチャー/11月1日レーシングスクール@もてぎ/11月15日レーシングスクールビギナー@もてぎ/伊勢崎オートキッズバイク教室2018年|11月11日|受付:10:30|定員30名程度

サスセッティングは永遠のテーマ

「サスはどうにしたらいいですか?」
沢山の人に質問を頂きます

「ん~見てみないと・・・」
いつもそう応えします

そのバイクがどういう状態なのか?
そのサスがちゃんと作動するか?
コンディションが保たれているか?
整備はキチンとされているか?

先ず押してみないと分かりません・・・

新車の状態でも必ず個体差があるし
MotoGPでもメイン、スペアバイクの間に差は存在します

image:Suzuki

ライダーがサスの動きを感じてるか、感じてないか

ブレーキをかければ沈む
アクセルを開ければ伸びる

実は感じれるバイク(サス)はそう多くないです
初めて乗るバイク、初めて走る道(サーキット)
ブレーキをいつものようにギュッと握れれば
サスは沈むけど、そうでなければ沈みません

そう、ブレーキのかけ方でサスセッティングは
ライダーによって大きく異なります。

新しいGSX-R1000RにはShowa製BFFが標準装着
乗り始めて1年経過して先日初めて調整しました(汗)

それまで問題なかったので
セットを変える必要がなかったのも事実
それだけノーマルの状態が優れている証拠

先週の間瀬サーキットは珍しく降った雪などの影響か
グリップが低くフロントの接地感がなかったので
COMP側を1回転緩めて(動きやすく)丁度良くなりました

試しにリアのTEN(伸び側)を緩めたらギャップ吸収が
飛躍的に向上!しかし旋回中のリアの落ち着きが無くて
結果ノーマルに戻る・・・そんな探り方をしていました。

関心したのは1回転緩めると、それ相応の動きをする事

他の市販車では10段階ある中で8段変えても反応せず
9段変えたら急に減衰特性が変わる・・・なんてものも
存在することから、数字だけを信じるのはとても危険💦

今はサスペンションを変えられる良い時代!
その道のプロフェッショナルに相談するのが
自分に合うものを見つけられる最短距離

スプリングレートなどの変更でベースセットが出れば
あとは微調整で対応出来ます。

路面は生き物
今回とても良かったから次回も良い!
そんな話はありえません(汗)

ベストは常に変わる!
頭の片隅に入れておいて頂ければ
またバイクライフも、いと楽しく(笑)

【AokiモーターステーションWEB版】

あなたは既にこの投稿にいいね!しています。
会員登録すると、フォローや支援ができます!
詳しくはこちらをクリック
※投稿へのいいね!は、ログイン不要で誰でも行えます。
会員登録すると、フォローや支援ができます!
詳しくはこちらをクリック

Future Accessに登録してNobu Aoki/青木宣篤を応援しよう!

COMMENT (0)

Nobu Aoki/青木宣篤さんの新着記事

お気に入り記事 お気に入り記事